メタボリックシンドローム対策の食事

メタボリックシンドロームを予防するための食事の基礎知識

メタボリックシンドロームを改善するための食事を考えるには、まず自分の食べたものがどういうサイクルで体脂肪に変わるのかを理解する必要があります。

 

3大栄養素のたんぱく質、脂質、糖質(炭水化物)は体内で分解されて、いずれも中性脂肪になりますが、この中でもたんぱく質は中性脂肪になりにくく、脂質が最も中性脂肪になりやすく、糖質はエネルギーとして使われずに余った分が中性脂肪として蓄積します。

 

体脂肪とは体に蓄積したすべての脂肪を指しますが、では脂肪はどこに蓄積されるのでしょうか。

 

脂肪は肝臓、腸間膜の周囲、皮下組織に蓄えられます。

 

腸間膜というのは腸をつり下げている網のようなもので、内臓脂肪とは主に、この腸間膜の周囲に蓄えられた脂肪のことをいいます。

 

これがメタボリックシンドロームの元凶ともいうべきもので、内臓脂肪として蓄えられるときの形が中性脂肪なのです。

 

したがって、中性脂肪をふやさない食事のポイントは、脂質と糖質のとりすぎに注意することです。

 

これは脂質と糖質を日々の食事でシャットアウトすればよいということではありません。

 

脂質と糖質は必要以上にとりすぎないということが大切なのです。

 

では、脂質と糖質はどんなとり方をすればよいのか解説しましょう。

 

糖質は体を動かして消費すれば脂肪として体に蓄積されることはありません。

 

ですから、自分がエネルギーとして消費する分だけとっていればいいのです。

 

ところが、忙しい現代人はどうしても手軽な食事を選びがちで、そうした食事の多くは栄養素が脂質と炭水化物に偏っています。

 

ラーメン屋カレーライス、牛丼など丼物や一品料理はごはんや麺類で空腹を満たすものが多く、炭水化物のとりすぎになりがちです。

 

こうしたメニューを選ぶことはできるだけ控えたいものです。

 

また、中性脂肪になりやすいのは、砂糖や果物の糖分である単糖類です。

 

これに対し、同じ糖質でもごはんやイモ類麺類などに含まれるでんぷん系の多糖類は単糖類に比べると中性脂肪にはなりにくいのです。

 

つまり、糖質は砂糖や果糖から摂取するのではなく、ごはんやイモ類から摂取するほうが、中性脂肪を増やしにくいと言えます。

 

脂質は糖質以上にその種類に注意を払い、とり方に気をつける必要があります。

 

脂肪には植物油や魚の油のように常温で液体の不飽和脂肪酸と、肉類の脂やバターなど常温で固体の飽和脂肪酸とがあります。

 

中性脂肪になりやすいのは飽和脂肪酸ですが、植物油もとりすぎれば体脂肪を増やすことになります。

 

できるだけ避けたいのは、スナック菓子やファストフードなどに使用されている揚げ油に含まれているトランス脂肪酸です。

 

トランス脂肪酸は血液中の悪玉コレステロールを増やし、心臓病の原因になるとされ、諸外国では禁止としている国が増えています。

 

日本ではまだ規制はされていませんので、トランス脂肪酸を含む食品はできるだけ食べないようにしましょう。