内臓脂肪がたまるとなぜいけないの?

内臓脂肪がたまるとなぜ、血圧や血糖値が上がるのか

内臓脂肪はバターやラードのように油のかたまりではなく、脂肪細胞という細胞から構成せれています。

 

この脂肪細胞からは善玉、悪玉を含めさまざまな生理作用を持つ特殊なたんぱく質が分泌されていることがわかってきました。

 

善玉の代表ともいえるのが、アディポネクチンです。

 

アディポネクチンは血液中を流れて全身を巡りながら傷ついている血管を見つけると、血管壁に素早く入り込んで修復するという働きがあります。

 

どんな人でも、普段から血圧、血糖値の上昇、血中脂質、悪玉の生理作用を持つたんぱく質、あるいは喫煙などによって血管が少しづつ傷つけられています。

 

これらをいち早く修復するアディポネクチンは、体内のさまざまな場所で起きる「ボヤ」を大火事にしないように火消しの役割をしています。

 

ところが、内臓脂肪が増えてくると、血液中のアディポネクチンが減少することがわかっています。

 

逆に増加してくるのが、TNF-αや、アンジオテンシノーゲンなどの悪玉の生理作用胃を持つたんぱく質です。

 

TNF-αはインスリンの効きを悪くして、血糖値を上げたり、脂質の代謝を悪くして中性脂肪やコレステロールの数値を上げてしまいます。

 

また、アンジオテンシノーゲンは、分解されるとアンジオテンシンUというホルモンになります。

 

これは血圧を上げる重大な因子であると同時にインスリンの効きを悪くします。

 

つまり、内臓脂肪が増えてくると、血管を守ってくれているアディポネクチンが減り、悪玉の生理作用を持つたんぱく質が増えて、血圧が上がったり、インスリンの効きが悪くなったりしてしまうのです。

 

この状態がが長く続けば高血圧や糖尿病になりますし、中性脂肪が増えて脂質異常症となります。

 

内臓脂肪がたまると血圧や血糖値が上がるのはこうしたメカニズムによるもので、その結果として、さまざまなた生活習慣病を誘発するのです。